後半戦もモトクロスとプログラム
日々感じたこと。 エクササイズ、プログラムの覚書。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆と同じ症候群
中一の息子と小一の娘が同じような傾向を見せていて困惑している.

こうすればよくなるとか、こんなチョイスもあるよ、と言うとかなりの率で

「皆と違うと(学校で)怒られる」
「皆と違うといじめられる」

という返事が返ってくる。

学校や集団の傾向でそういう刷り込みを受けてしまっているようだ。

自分が子供の頃も「ちがう」は確かに風当たりが強かった.
家庭環境やいろいろな理由で戦う方向だったけど未だに強烈に逆風を感じることが多い.

自分の時代には違うことを逆手にとって良く生きてこれたが
子どもたちはどうだろう。
競争力を失い、弱体が顕になった日本で資産も無いのに皆と同じでは
一緒に沈没してしまう. 本当に心配だが母親も皆で楽なのがいいらしく
本当に困ってしまう。

違うか同じかではなくて「優れているか」『価値があるか』「公正か」などを
はっきり意識できる人間になって欲しい.




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。