後半戦もモトクロスとプログラム
日々感じたこと。 エクササイズ、プログラムの覚書。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デフォルトエンコードの落とし穴
sitecustomize.py で便利に組める!とおもったら落とし穴。

↓のような記事を見て、こりゃ便利とさくさくできるようになったものの、
ホスティングサーバーなどでは使えず、やたらと ascii code がらみのエラーが。。。。



-----------------------------------------------

普通の Windows 版 Python
python-2.5.2.msi をダウンロードして実行する。 選択肢はすべてデフォルトどおりでよい。
C:\Python25\Lib\site-packages\ に次のテキストファイル sitecustomize.py を作る。
import sys
sys.setdefaultencoding('cp932')
テキストの改行コードは Windows 標準の \r\n でも Unix 形式の \n でもよい。 このファイルが Python に認識されているかどうかは,Python の実行後, sitecustomize.py と同じ場所に sitecustomize.pyc が自動生成されているかどうかで確認できる。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。