後半戦もモトクロスとプログラム
日々感じたこと。 エクササイズ、プログラムの覚書。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロビンフッド
イギリス民話のフリをしたグラディエイター2と覚悟してみたらやっぱりそうだった。

脚本におかしなところや、だめな台詞が数箇所あって大掛かりな仕掛けを

ぶち壊しに似ている感があった。

特に最後のケイト&子供軍団はなー。
ほかに子供に参戦してもらうシーン作れなかったの?って感じ。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。