後半戦もモトクロスとプログラム
日々感じたこと。 エクササイズ、プログラムの覚書。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上海カニ?
仕事にかこつけて上海行ってきた。 
勉強になっちゃった。5年前と全然違うんだもんね。
戦争とかしてる場合を除いてこんなに変わるってありなのか。

まず街がきれいになった。 前は工事中だけで埃っぽかったし舗装してない場所も多かった。
水がきれい。衛生面でものすごく良くなった。これが一番の驚き。
前はホントにきっつかったものなぁ。

shanghai2


目に付いたのは現地の人が頑張ってたり、楽しんでいる感じ。

「急ぐ、働く、遊ぶ」 というのが印象的。

エンターテイメント(双六や将棋、歌や踊り)があちこちにある。
原宿のホコテンのパラパラとか痛い踊りじゃなくて、熟年の人が道端で社交ダンスを楽しんでる。
子供もボードゲーム好きなのか、トイザラスの一番いい場所にはモノポリーや双六カーペットが。

現地の人と話すと意外に謙虚。「まだまだ、ぜーんぜんダメ。もっと頑張らないと」
そうなんですか。頭が下がります。
皆親切だし、笑顔にはすぐ笑顔が返ってくるし良い感じだった。
ダメリカとか欧州みたいに小銭にうるさい、せこい感じも一切なし。
バチカンみたいに銭盗むやつも居なかったし、モノ落とせばふつーに拾ってくれる。

shanghai1



欲しいものいっぱい、したいこといっぱい。 夢があるって良いなと思った。
夢があると楽しいから人とも良い関係性が作れる。

中国の成長のエネルギーは人々の「夢」なんだな。
行って良かった上海。 もっともっとあちこち見たい。

活気があるといえばインドシナ。よし、次は東南アジアに行こう。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。